火災保険で雨漏りの修理ができる

subpage1

火災保険といえば、火事で被害にあった時にだけしか使えないように思われている人も多いのではないでしょうか。ですが、火災保険は突風や台風などの自然災害による被害にも使うことができます。


例えば、台風で屋根が損傷し雨漏りがした場合に、その修理費用を火災保険を使うことで実質0円にすることもできます。なぜ火災保険が、雨漏りの修理費用に適用されるのかというと、「風災」・「雪災」・「ひょう災」補償というものがあるからです。

「風災補償」は突風や台風豪雨などで強い風が吹き、屋根などが損傷した時に支払われ、この時の強い風とは瞬間最大風速が秒速20メートルのことをいます。
瞬間最大風速とは3秒間の平均風速の最大値のことです。
「雪災」は積雪などによる被害、「ひょう災」はひょうになどによる被害のときに適用になります。
この補償は、保険の基本補償とセットになっていることが多いので、火災保険に入っていれば「風災」補償も付いているはずです。

火災保険雨漏りを理解するために必要な基礎知識をわかりやすく紹介します。

この「風災」補償は、100%経年劣化による雨漏りなどには適用になりませんが、100%経年劣化と判断される割合は数%しかありません。
つまり屋根などは、何らかの形で強い風の影響を受けて損傷していることが多いということです。


この経年劣化かどうかは、修理業者や保険会社が判断するのではなく、第三者の鑑定人資格を持った鑑定人が判断してくれるので公正な結果になります。



もし雨漏りで困っているなら、保険の申請サポートを専門にしている屋根修理業者があるので、そこに一度相談してみるといいでしょう。

MBSニュースの最新情報を掲載しました。

身に付けたい知識

subpage2

家の天井から水が滴っているのを発見したり、天井や壁に水がしみこんだようなしみを見つけたときなど、雨漏りがしているかもしれない時には、すぐに屋根の修理をする必要があります。部屋の中にまで水分がしみこんできているときには、天井裏や屋根裏、壁の内側などの見えない部分に大量の雨が入り込んでいて、耐えきれなくなってから部屋の中にしみこんでくることが多いため、雨漏りを発見した時にはすでに見えない部分に大量の水分が入り込んでいると考えた方が良く、すぐに修理をしないと家の構造体が腐ってしまったり、かびなどが生えて取り返しがつかないほど傷んでしまうことになるからです。...

more

わかりやすい情報!

subpage3

雨漏りによる被害は火災保険の適用になることがあります。たたしこれにはそれが風害によるもの、建物の外壁などに劣化が発生していないこと、損害が発生してから3年以内に申請をすることなどが条件としては必要です。...

more

専門知識

subpage4

急な大雨や台風のときに、家の天井から水がしたたり落ちてくる雨漏りが、最近大変増えてきています。全国各地で異常気象による大雨や強風、洪水など天候による災害が大変増えており、予測ができない状態なので、被害を受けてしまう家が増えてきているのです。...

more

予備知識

subpage5

屋根の雨漏りを修理したところ、修理費用が思いもかけない高額だった!実は、よくあることです。屋根は普段チェックしにくく、風や雨、台風などで少しずつ損傷を受けていることがあるのです。...

more